実施概要

[タイトル] 嬬恋キャベツヒルクライム2018 (旧 嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会)
[開催日] 2018年9月2日(日) ※雨天決行
[メイン会場] 三原地区~万座ハイウェー特設コース
(群馬県吾妻郡嬬恋村三原地区 スタート:嬬恋村国民健康保険診療所前~フィニッシュ:同ハイウェー終点より約1km手前)
※ショートコース フィニッシュ:嬬恋高原ゴルフ場前
[コースデータ] <ロングコース>計測距離:約19.8km・標高差:約1010m・平均勾配:約5.1%
<ショートコース>計測距離:約6.2Km・標高差:約350m・平均勾配:約5.6%
[参加資格] 大会当日小学生以上の健康な男女で大会規則を遵守し、本コースを制限時間内で完走できる体力を有する者(小学生は保護者同伴)
[参加料] ●エキスパート・一般の部:通常9,200円<税込> ※割引期間あり
●ファンライドの部:3,000円<税込>  ※ファンライドの部で嬬恋村在住者は1,000円
[定 員] 2,000人 ※エキスパートの部は定員60人(先着順)
[ゲスト] NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニダミアーノ・クネゴ ほか
[主 催] 嬬恋キャベツヒルクライム実行委員会
[共 催] サンケイスポーツ、株式会社プリンスホテル、嬬恋村
[後 援] 産経新聞、夕刊フジ、フジサンケイ ビジネスアイ、ニッポン放送、Cyclist
[協 力] 嬬恋村農業協同組合、嬬恋村観光協会、嬬恋村商工会、嬬恋村議会、嬬恋村体育協会、嬬恋村診療所、三原区、バラギ高原観光協会、万座温泉観光協会、鹿沢温泉観光協会、浅間高原観光協会、白根高原観光協会、嬬恋ライオンズクラブ、嬬恋村スポーツ推進委員会、嬬恋村連合婦人会、嬬恋村連合若妻会、群馬県立嬬恋高等学校、吾妻広域消防西部消防署嬬恋分署、嬬恋村金融団、嬬恋村食生活改善推進協議会、嬬恋村教育委員会、西武トラベル株式会社、西武観光バス、かつきはりきゅう治療院、株式会社シクリズムジャポン
[交通安全協力] 長野原警察署、嬬恋村交通指導員、西吾妻交通安全協会嬬恋支部
[協 賛] 株式会社フォルクス
[お問い合わせ先] [大会に関して]
嬬恋キャベツヒルクライム大会事務局
(TEL:03-6629-2602/月~金 10:00~17:00 祝日及び年末年始を除く)

[嬬恋村に関して ]
嬬恋村観光案内所
(TEL:0279-97-3721/無休 8:30~17:00 年末年始を除く)
概要詳細

※1 上級者の目安:本大会と同条件のコースを75分以内に完走可能
※2 うちエキスパートの部は、定員計60人(先着順)
※3 グロスタイム=スタート号砲からフィニッシュ地点を通過するまで。/ネットタイム=スタート地点を通過からフィニッシュ地点を通過するまで。

ゲスト

UCIプロコンチネンタルチーム
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ

イタリアを拠点にグローバルに戦うプロコンチネンタルチーム

NIPPO・ヴィーニファンティーニ 集合写真

NIPPO・ヴィーニファンティーニ ロゴ

2015年からUCIプロコンチネンタルチーム(セカンドディビジョン)に昇格したイタリア籍のプロチーム。

株式会社NIPPOとヴィーニファンティーニがメインスポンサーとなり力強くチームの活動をサポートします。ヴィーニファンティーニはイタリアのワインブランド名でアブルッツォ州に本社を構え、世界を市場に展開しているワインメーカー「ファルネーゼ社」がメインに扱うブランドです。
そして、2018年は新たにアブルッツォ州の精肉加工会社「ヨーロッパオヴィーニ」が第3スポンサーに加わりました。ミラノに工房を構える老舗自転車メーカー「DE ROSA(デローザ)」との提携も継続し、選 手たちはデローザのフラグシップモデルである『PROTOS』を駆り、レースで戦っていきます。

ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アメリカと、世界各国のレースに出場する予定で、主催者推薦のワイルドカード枠により、ジロ・デ・イタリアやイル・ロンバルディアなど、自転車ロードレース界のトップカテゴリーであるUCIワールドツアーのレースにも積極的に参戦していきます。より多くの勝利をめざしながら、若い選手の育成や、日本とヨーロッパの自転車競技界との橋渡しも担っていきます。

今大会には、ジロ・デ・イタリア覇者のダミアーノ・クネゴ選手ほかツール・ド・北海道出場メンバーで来場予定です。お楽しみに!
※来場選手はコンディション調整等の都合上、決定後も変更となる場合がございます。ご了承ください。

チームに関する詳しい情報はこちらから:http://teamnippo.jp/
最新情報をキャッチ!公式Facebookはこちら:https://www.facebook.com/NIPPO.Racing/

ダミアーノ・クネゴ
(DAMIANO Cunego)
ダミアーノ・クネゴ

【プロフィール】
1981年イタリア・ベネト州生まれ。22歳にしてイタリア最大の自転車ロードレース、ジロ・デ・イタリア総合優勝を達成し、一躍イタリアのスター選手に。
その後も世界各国の名門クラシックレースなどで活躍し、日本でも2度のジャパンカップサイクルロードレース優勝など輝かしい経歴をもち、親日家としても知られている。
2015年よりNIPPOヴィーニファンティーニに加入。現在まで伊日共同のプロコンチネンタルチームを率いる。2018年6月をもって、競技の第一線からの引退を決意。
その後もプレイングコーチとしてチームにとどまり、若手選手育成や自転車競技の普及に力を注いでいく。

今大会には昨年に引き続き、チームの北海道出場メンバーとともに出走予定。
日本の一般サイクリストとともに美しいヒルクライムレースに挑戦することを楽しみにしている。

ページトップへ